橋本太郎(はしもとたろう)

幸南食糧㈱地域活性化研究所 所長

居住地

大阪府

職業

販路コーディネーター、商品開発プロデュース

支援可能分野

農林水産物の加工技術 製造方法、包装方法、設備導入等
新商品企画 商品コンセプト立案、商品開発、価格決定等
販路構築 商品に適した販売先提案、紹介等

私が貢献できること

販路支援や商品開発を得意としておりいかなるご相談・ご要望にも対応が可能です。また農林水畜産の加工には全てに精通しており六次化商品の加工支援や開発支援も可能です。販路に関しても5000社近い販路支援先とのパイプがあるので販路支援も対応可能です。

■ 得意分野の実務経験・支援実績の概要・成果

年月日 地域 農林水産物 専門分野 概要・成果
2021/02-継続中 大阪府 大阪もんナニワ伝統野菜「難波葱」 販路構築 大阪もんナニワ伝統野菜「難波葱」の普及を大阪市より依頼を頂き当社工場にて難波葱アヒージョを開発し良品計画様にて販売支援をして頂いた。年間1万食を販売し生産者の生産規模拡大と難波葱の認知度アップに繋がった。
2020/09-継続中 兵庫県丹波市 丹波大納言小豆 新商品企画 丹波には丹波三宝と言われるほど小豆、黒豆、栗がありブランドが付いていますが、担い手不足等で年々生産量が減っています。このような状況打破のため小豆の生産者から地元に愛されるような商品化を実現し丹波大納言小豆のPRに繋げたいと相談を頂いた。そこで地元高校も巻き込んだ産学連携事業をプロデュースし小豆をたっぷり使用したレトルト赤飯を完成。販路として日本郵便近畿支社も繋ぎ年間2万個(売上1200万)売れる商品になり生産者の所得向上と新たに若手の新規就農者も育つなど成果が出た。